ジェネリック医薬品について | 不感症かも?マレグラPROがあればそんな悩みも解決出来る!

ジェネリック医薬品について

ピンセットで摘ままれている青いカプセル

マレグラPROなどが買える個人輸入サイト。そこにはジェネリック医薬品が多く取り扱われていて、安価で医薬品を購入することが出来たりします。その理由は個人輸入の性質にあります。海外の医薬品を多く取り扱っているというのがその理由ですが、じつはジェネリック医薬品の多くがまだ日本では認可が下りておらず手に入りません。それを個人輸入によって手に入れられるというのは、個人輸入サイトならでは。

ところで、なぜジェネリック医薬品を購入出来るというのが安価で購入出来るということになるのでしょうか?そういえばジェネリック医薬品イコール安いというのはわかってはいるものの、なぜそうなのかというところまではわからないという人もいると思います。
それは新薬との関係にあります。新薬は先発医薬品と呼ばれており、ジェネリック医薬品は後発医薬品といわれています。その字のごとく、ジェネリック医薬品は新薬の後に作られる医薬品ということ。
わかりやすくいうと、最初に道を切り開くのは地図もないので難しいですが、そのあとに歩く人というのは先駆者のおかげで道は開けてますよね。それと同じで、新薬が出たおかげですでに作り方は知られているため、簡単に同じ医薬品を他の製薬会社が作ることが出来るのです。そのため、研究期間を9~17年から3年に、費用を500億から1億にすることが出来るのです。
開発の負担が少ないということは売る際の価格も落とすことが出来ます。よってジェネリック医薬品は安価で買える医薬品となっているのです。